parade

NO, THANK YOU!!!

サークル:parade 夏の訪れを間近に感じる6月のある日。主人公は暴走族に狙われた男をかばって轢かれ、記憶を失う。身元を示すものを持っておらず、当然頼る当てもないとあって、責任を感じた男の元で働く事になった主人公。連れて行かれたのは繁華街の外れにある小さなバー「sotano」。表向きはこじんまりとしたジャズバーであるその店は、もう一つ別の顔を持っていた。