一十

プリアポス3

サークル:MENたいこ 自分が勤める宅配会社にプリアポス・A・太郎が入社してからというもの、同僚たちが彼にすっかり惚れ込んで職場の様子がおかしくなったと嘆く百江。それでも先輩として彼の研修に付き合い、その最終日を迎えた夜のこと。プリアポスに突然コンテナに押し付けられてくちびるを奪われ、舌をねっとりと絡ませられ、あまりの気持ちよさに抵抗できなくなってしまい――。