最悪の男

[蛇穴] の【最悪の男】

サークル:

二年後輩の鮫島は仕事の飲み込みが早く、同僚たちからの受けもよく、その上自慢の力でも勝っていて全く気にくわない堤。憂さを晴らそうと一時の快楽をむさぼったものの、帰り道に鮫島に見つかり、さらには「俺が付き合ってやるよ」と軽い調子で言われて――。



[蛇穴] の【最悪の男】


[蛇穴] の【最悪の男】


[蛇穴] の【最悪の男】

にほんブログ村

オフィス・職場カテゴリの最新記事