恋ひ恋ひて

[笠倉出版社] の【恋ひ恋ひて】

出版社: 執筆者:

木下光平は、この就職難にイベント会社に就職が決まる。 初の仕事は、着物の展示会の運営。 そこで、須賀京介という老舗呉服店の若旦那を見て一目惚れしてしまう。 それ以後、会うチャンスもないが、個人的に着物を作ればいいということに気付き、須賀呉服店に向かう。一度会っただけの光平のことを、京介はよく覚えてくれていて光平は気を良くする。採寸の際に、京介の手が光平の股間に触れたことで、思わず感じてしまった光平は他に説明のしようもなく、想いを告げるが--。



[笠倉出版社] の【恋ひ恋ひて】


[笠倉出版社] の【恋ひ恋ひて】


[笠倉出版社] の【恋ひ恋ひて】

にほんブログ村

オフィス・職場カテゴリの最新記事